アルパインスターズ・ヘルキャットを丈詰め。ばらしたパーツを縫います。

前回の工程で、まず可能な限り、元々の縫い目の位置を変えないよう、注意しながら裁断をしました。

ヘルキャットは、各部がいくつかのパーツに分かれていたので、それぞれのブロックで詰められる分だけ、布を裁断しました。

ここからは、いよいよ各パーツを切れに縫い上げていく作業です。縫いには工業用ミシンとジーンズ生地にあった糸を使います。

B-01

これは縫いの工程で、横接ぎ中です。

B-02

片足の横接ぎができた状態です。まだ、大雑把なかたちですね。

B-03

パンツの後ろ側を裏から見た状態。これから、この部分の横を接ぎます。

B-04

前の裏はこのような感じで、接ぎは終わってます。しかし、まだ細かな仕上げが残っています。

B-05

両足の前接ぎ終わった状態です。これも、まだ完成の状態ではありません。縫った部分は、元から縫い目があった場所を使っているので、見た目の違和感もありません。

B-06

元の状態とそっくりになるよう、ステッチを入れます。このように、製品の風合いを変えないよう、気を配っています。

B-07

後ろ側も両足の接ぎが終わった状態です。後ろ側も、元からあった縫い目を使っているので、表から見ると詰めたことは分かりません。

B-08

次の工程で、このかがりミシンで、パンツ裏側の縫い代をきれいに仕上げます。こうすることで、肌に触れる縫い目が自然になります。

B-09

後ろのステッチが完成です。まだ脇は閉じられていない状態です。元の状態とそっくりに処理しています。

B-10

前側もステッチの処理が完了です。後は、内股と両脇を閉じて、これで完了になります。

次回は、実際に履いた状態での、ビフォーアフターをお見せしたいと思います。

erituna

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。