Archive | モーターサイクル RSS for this section

アルパインスターズ・ヘルキャットはどのように丈詰めされたか?

モーターサイクル用のデニムパンツ、ヘルキャットを今回丈詰めしましたが、実際にどのように変わったのか、ご紹介します。

04

分かりやすいように乗車状態です。こちらから見ると違和感なく見えますが、、、

03

反対側から見ると、実は足を伸ばした状態でもこれだけ丈詰めができます。

01

降車してもらい、左右をくらべてみます。右側がかなりダブついているのです。

02

よって、膝とすねに入っているプロテクター位置もおかしなことになります。向かって右側が正しい位置で、左側(右足)は下がってしまい、これでは意味を成しません。

05

このパンツで難しいのが、この手で指したエリアはCE認可のプロテクターが入っていて、ぜったいに丈詰めができないことです。

06

また、裾側は、ブーツ対応のジッパーがあるため、指で示した僅かな量しか詰められません。

07

プロテクターとの兼ね合いもありますが、このももの部分で丈詰めの量を調整することになります。

08

お客様のフィッティングを行い、仮で左側だけまち針で丈を上げてみました。なんとか2箇所の部分で今回は詰められそうでした。

09

プロテクターの部分がぜったいに動かせないことが分かると思います。

10

今回のパンツで幸いだったのが、裏側のパーツが分かれていることでした。元からあったこの縫い目をうまく使います。

11

こちらが、丈詰め後の跨った状態になります。自然に収まっています。プロテクターの位置も適正に収めることができました。

12

丈を正しく直したことから、膝を屈伸させても裾の位置は綺麗に収まっています。このように、複雑な構造の洋服でも、綺麗に加工することが可能です。

今回の加工代は、布代が掛からなかったので、すべて込みで9,000円になります。今後、決まった作業内容については、基準金額を表示するようにしますので、今しばらくお待ち下さい。

erituna

アルパインスターズ・ヘルキャットを丈詰め。ばらしたパーツを縫います。

前回の工程で、まず可能な限り、元々の縫い目の位置を変えないよう、注意しながら裁断をしました。

ヘルキャットは、各部がいくつかのパーツに分かれていたので、それぞれのブロックで詰められる分だけ、布を裁断しました。

ここからは、いよいよ各パーツを切れに縫い上げていく作業です。縫いには工業用ミシンとジーンズ生地にあった糸を使います。

B-01

これは縫いの工程で、横接ぎ中です。

B-02

片足の横接ぎができた状態です。まだ、大雑把なかたちですね。

B-03

パンツの後ろ側を裏から見た状態。これから、この部分の横を接ぎます。

B-04

前の裏はこのような感じで、接ぎは終わってます。しかし、まだ細かな仕上げが残っています。

B-05

両足の前接ぎ終わった状態です。これも、まだ完成の状態ではありません。縫った部分は、元から縫い目があった場所を使っているので、見た目の違和感もありません。

B-06

元の状態とそっくりになるよう、ステッチを入れます。このように、製品の風合いを変えないよう、気を配っています。

B-07

後ろ側も両足の接ぎが終わった状態です。後ろ側も、元からあった縫い目を使っているので、表から見ると詰めたことは分かりません。

B-08

次の工程で、このかがりミシンで、パンツ裏側の縫い代をきれいに仕上げます。こうすることで、肌に触れる縫い目が自然になります。

B-09

後ろのステッチが完成です。まだ脇は閉じられていない状態です。元の状態とそっくりに処理しています。

B-10

前側もステッチの処理が完了です。後は、内股と両脇を閉じて、これで完了になります。

次回は、実際に履いた状態での、ビフォーアフターをお見せしたいと思います。

erituna

アルパインスターズ・ヘルキャットを丈詰め。まず、解きと裁断。

それでは、たいへん複雑な構造をしている、アルパインスターズのヘルキャットの丈詰めについて、実例をお見せしながらご説明していきます。

A-01

まず、出来上がりに標(しるし)をチャコで入れます(白い線)。

A-02

カット線を入れていきます(白い点線)。

A-03

このパンツの場合、前はプロテクターが入っているので、まず背面からカットしていきます。

A-04

このように、カット線に合わせて裁断していきます。ハサミは専用のものを使っています。

A-05

前側も、同様に上がり線、カット線をチャコで入れます(白い線)。

A-06

前側もプロテクターを避けるかたちでバッサリ切ります。

A-07

前裾側もチャコで線を引いてカットしていきますが、ここは裾にジッパーがあるため、カットできる範囲が限られます。

A-08

前後ともカットしたら、軽く組み立ててイメージ再確認(右足分カット済み)。左足はまち針の状態。

A-09

後ろ側のみカットが終わると、このような感じになります。まだ歯抜け状態ですね。

A-10

両足カットして、並べて長さを確認します。

A-11

膝の部分にはプロテクターが入っているため、をいじらず直すため片足で3パーツになります。

A-12

膝の裏側はプロテクター装着のため、造りが複雑なのと、極力デザインを変えないため、さわりません。
裾もファスナーが付いていて、ファスナー移動も考えましたが脇の縫い代が足りなくなるので、さわりません。

この後、いよいよ工業用ミシンを使って、縫製作業に入ります。

erituna

アルパインスターズ・ヘルキャットを丈詰め。

まず、作例その1をご紹介します。

モーターサイクル用の革ジェケットやブーツで有名な、イタリアのブランド、アルパインスターズがリリースしているテックデニムというデニムパンツは、サイズ展開が28インチからありますが、どうしても背の低い日本人だと適合し難いことが多々あります。

さらに、テックデニムはすねとひざの部分にCE認可のプロテクターが入っていることから、丈詰めは基本的に不可能になっています。

それを今回、お客様からのオーダーで丈詰めをしたいと思います。商品は最上位モデルのヘルキャット。サイズは28インチで、それでもお客様が履くと裾がだぶつき、またプロテクターの位置も下がってしまいます。構造が複雑なので、作業はたいへん難しそうです。

TECH-DENIM

erituna